株式の確定申告が必要?やった方が得?
確定申告コラム一覧

確定申告は、会社員の方にはあまり縁がないように思えますが、医療費が10万円以上かかった、マイホームをローンで買った、寄付をした、贈与を受けた、会社を退職・転職した、年末調整を受けられなかった、など確定申告したほうが「お得」な対象になる方がたくさんいらっしゃいます。払いすぎた税金が還付されることが多いのです。
では「株」による利益はどう扱えばいいのでしょうか? 儲けていても、損をしていても、税金については知っておいたほうがよさそうです。株の賢い確定申告をめざしましょう。


株取引に利用している口座により異なる確定申告
口座には従来からある「一般口座」と、2003年にスタートした「特定口座」があります。さらに特定口座は「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2種類があります。利用する口座により、税金の納め方が異なるのが特徴です。

特定口座(源泉徴収あり)
“年間取引報告書”は証券会社が作成してくれます。儲けに対して税金を源泉所得税として天引きし、税金は証券会社が払っておいてくれます。

特定口座(源泉徴収なし)
“年間取引報告書”は証券会社が作成してくれますが、税の徴収はないので、確定申告をしなくてはいけません。

一般口座
すべてを自分でします。確定申告は自分で行います。証券会社で“年間取引報告書”を作成してくれないため、一年間の売却損益を個別に自分で計算しなければいけません。

売却損益の計算方法
一般口座での売却があった方のために、計算方法をご紹介します。
売却損益=売却収入(※2)−取得価格(※3)−売却手数料
(※2)「売却収入」…売却株価×株数
(※3)「取得価格」…購入株価×株数+購入手数料
売却・購入手数料は税込で計算します。

では、以下の場合の「売却損益」を計算してみましょう。
買い:株価600円 1000株 (購入手数料 6000円)
売り:株価800円 1000株 (売却手数料 8000円)
800円 × 1000株 −( 600円 × 1000株 + 6000円 )− 8000円
=18万6000円(売却益) となります。

次回は3月09日(月)更新!!

新着コラム

※ 株式投資は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。